FC2ブログ
プロフィール

焔

Author:焔
◆焔(ほむら)
◆32歳 バツイチ男性
◆東京都内で働いてます
◆趣味は音楽(iPodで聞く)、サイクリング、散歩、Macintoshいじり。最近はデジカメで写真を撮ってます…
何気にmixiの写真のコミュニティに出没してます。
◆マイペースに
日々の出来事や思った事を綴ります。
よろしくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

いつか花を咲かそう
バツイチ、30男の日常の視点。上を向いて歩こうよ!
予備軍
そう。

この問題。

しばらく前からテレビや雑誌でも取り上げられてた問題。
まったくもって今の現代社会の歪みの象徴のような気がする。
バブル以降の『景気回復』と言う言葉の元に行われて来た雇用形態の変化がもたらした産物。

現実問題として『働けども働けども…』ってなってる。
しばらく前に『ハケンの品格』なるどドラマがヒットしたけど(僕も見た)、現実はもっと厳しいんだね。
あれを見て少しは派遣の待遇が良くなればとは思った。
社会も少しづつだけどその方向に動いているの知ってる。
でもまだまだなのも話を聞いてる。
でも本当に苦しい人は苦しいんだね。

僕の知人にも派遣は沢山いる。
それと共に、住宅問題。
昔はあった利益ではなく人情の下町が無くなってる証拠だよね。
今時月3万、共同風呂、共同便所とかでは確かに利益は出ない。
下宿も同じだろう。
この辺の住宅事情も絡めた大変難しい問題。

これは行政だけでどうこうできる問題ではないのですよ。
少なくとも世界の大きな政治や経済の流れの中で、
日本の経済も政治もあり、
各企業は生き抜く為に今のような経営体系になっていったわけで、
法律を一つ作ってどうこうできるのでもないでしょうね。
現実問題、労働者全体における非正社員(パートや派遣など)の数は約4割。
もはや居なくては経営が成り立たないのも現実。
これからこれらの若者をどのように所得の上の階層に上げるかでしょうね。
ハッキリとあるわけでは無いけど、やはりあるのがこのような所得階層。
低所得者向けの住宅援助や労働時間や給与の最低限の規制とか何かしらはいるのでしょうね。
何もしないとこのうちの何割が浮浪者となるのでしょう??
住所不定が続くと日本の戸籍制度では不都合が多くあるんですよね(>_<)

しかもこの問題。自分も関係ない問題ではない所。
デザイナーなんて潰しの効かない職業。
将来派遣で漫喫生活がありうるかもしれない…。

どうにかならんのかね??
こうした日々をかろうじて生きてる若者をどうにかしない事には、
少子化問題もどうにかならんと思うぞ!


これは由々しき問題と思いますよ。
↓良ければ押して下さい。
banner_04.gif

f_02.gif

スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

■ この記事に対するコメント

■ この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する。


■ この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://homuraeverblooming.blog52.fc2.com/tb.php/388-223898f7
この記事にトラックバックする。(FC2ブログユーザー)

職業職業(しょくぎょう)とは、生計を支える手段として賃金などの報酬と引き換えに、人が日常的に従事している労働。職・手職・仕事ともいう。生活を支えるに足る特殊な技能や専門性を有するものを指し、普通はアルバイトやパートタイマーとは区別して、定職と呼ばれる。職 『労働』の知識【2007/09/29 17:25】